ぶぶログ(投資関連)

インデックス投資が暇なので株に手を出してしまいました

買った銘柄その後(2017.02)

月が変わりましたのでパフォーマンスを確認したいと思います。

詳細はこちら(ホームページへのリンクです)からお願い致します。

株については今回ジャスダックの2銘柄売却と、1部で未購入の業種2銘柄を購入しています。

パフォーマンスは利益+13.55%、対インデックス+5.63%と良好だと思います。

REITについては、今回売買はありませんでしたが、対インデックスで+1.06%とプラスに転じおり安心しています。

REITについては買った時期・銘柄によるとは思いますが、株ほど値動きが感じられません。

リーマン・ショックなどで不動産は危険なイメージもありますが、REITはミドルリスク・ミドルリターンと言われており、今の自分の投資状況からは後者を実感しています。

安心と言いつつも暴落するケースはあると思うので、あまり調子に乗らずあくまでインデックス投資の代替として過度な売買は控えたいと思っています。  

買った銘柄その後(2017.01)

月も変わりましたので毎月のパフォーマンスを確認したいと思います。

今回より個別REITについてもパフォーマンスを確認し、個別株については過去のパフォーマンスを比較できるように致しました。

確認はこちら(ホームページへのリンクです)からお願い致します。

個別REITは最初に購入した際は記事にしましたが、その後追加購入しており銘柄が増えています。

株、REIT共に利益は出ていますが、REITがインデックスに負けている点が今後の課題だと思っています。

お陰様で昨年の投資成果はプラスで終えることが出来、先日税務署へ確定申告(還付申告)に行って来ました。

今の時期はまだ空いており、申告内容に不安がある私は相談窓口にも行きましたが、殆ど待つことなく手続きが出来ました。

 

買った銘柄その後(2016.12)

月も変わり、年も変わりましたので毎月のパフォーマンスを確認したいと思います。

今回よりホームページのアドレスが変わりました。

確認はこちら(ホームページへのリンクです)からお願い致します。

特に売買はしていませんが、利益が引き続きプラスで対Topixも良好となっています。

このまま上昇を続けて欲しいと思う反面、いつか来るであろう下落にも少しビビっていたりします。

何れにせよ対インデックスで勝ち続けている点は、自分の銘柄選択への自信になっています。

買った銘柄その後(2016.11)

月が変わりましたのでパフォーマンスを確認したいと思います。

詳細はホームページにてご確認下さい。

今回は結構買っています。

(表中の黄色い網掛けが新しく売買した銘柄となります)

基本的に業種は分散していますが、情報通信がダブっています。

この業種の時価総額東証一部では3番めの大きさなので、まあ許容範囲と言うことで購入しました。

Topixは新規購入分もあるためパフォーマンスは悪くなっていますが、全体のパフォーマンスとしては先月に続き利益が出ています。

今回は購入単価が結構上がっています。

上がった理由は、購入単価を低くすると、自分で買う基準を満たす会社がない業種があるからです。

まだ買えていない業種もありますが、購入時期を分散する意味でも、もう少し様子を見ようと思います。

個別株投資をして良かったこと

以前はインデックス投資しかしていませんでしたが、今は(自分にとっては)結構な金額の株を買っています。

パフォーマンスがインデックスを上回っている点で、成果は実感しています。

それ以上に実感できたことが、

「明確な基準を持って買えている」点です。

正しいのかどうか定かではありませんが、スクリーニングと財務諸表を見て自分の基準で買っています。

誰かのお薦めではない点がポイントだと思っています。

 

インデックス投資をしている時は、財務諸表なんて全く見ませんでした。

(手間が掛からないという点で、それは利点でもあると思います)

財務諸表が見れると少なくとも利益が下がっている会社なら、自信を持って「買わない」ことが出来ます。

 

私は以下の2冊で理解しました。

理解するだけならこの本一冊で良いと思います。

中古なら安いです。

決算書がおもしろいほどわかる本 (PHP文庫)

決算書がおもしろいほどわかる本 (PHP文庫)

 

 

この本にはヤフーファイナンスで財務諸表を見る方法が書いてあります。

実際に株を買う段階で役に立ちましたし、今もその方法を活用しています。 

 

※新しくブログ(ぶぶログ(雑記))作りました。投資関係は本ブログに、それ以外を新ブログに分けていこうと思います。

ニッセイAMの投信で信託報酬値下げについて

ニッセイAMの投信が一部信託報酬値下げるようです。

ソースはこちらです。

私も買っている投信がありますが、<購入・換金手数料なし>シリーズだけが対象のようです。

持っている投信の信託報酬が下がるのは嬉しいですが、同じニッセイAMでも同シリーズでないものも持っています。

それが以下の投信です。

 

<ニッセイ日経225インデックスファンド>

手数料:なし

信託財産留保額:なし

信託報酬:0.27%(税込)

 

この投信を買った理由はコスト(信託報酬)が安かったからです。

でも、今回の値下げでTopixファンドの信託報酬と逆転してしまいました。

 

<ニッセイ TOPIX インデックスファンド>

手数料:なし

信託財産留保額:なし

信託報酬:0.1944%(税込) ※先のソースは税抜ですがこちらは税込です。

 

ここまでだと単純に乗り換えれば良いと言う結論になりますが、

(厳密には、損益が確定するので税金を考慮する必要がありますが...)

気になるのがSBI証券の「投信マイレージ」です。

今回の値下げで<購入・換金手数料なし>シリーズが、投信マイレージ対象外になってしまいます。

 

具体的にコストを計算してみましょう。

100万円保有の場合

<ニッセイ TOPIX インデックスファンド>

¥1,000,000 × 0.1944% = ¥1,944/年

 

<ニッセイ日経225インデックスファンド>

¥1,000,000 × ( 0.27% - 0.1% × 1.2 ) = ¥1,500/年

※SBIカード(MasterCard)保有で住信SBIネット銀行経由で10,000ポイント交換で計算しています。(ソースはこちら

 

これで軍配は<ニッセイ日経225インデックスファンド>ですが、追加で対象投信の保有額が1,000万円以上の場合はSBIポイントへの還元率が2倍の0.2%になります(ソースはこちら)ので、この場合も計算してみます。

1,000万円保有の場合

<ニッセイ TOPIX インデックスファンド>

¥10,000,000 × 0.1944% = ¥19,440/年

 

<ニッセイ日経225インデックスファンド>

¥10,000,000 × ( 0.27% - 0.2% × 1.2 ) = ¥3,000/年

 

<ニッセイ日経225インデックスファンド>の圧勝です。

 

また、今回の手数料値下げと同時に新しいファンドも出来るようです。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均 インデックスファンド の設定について

 

と言うことで、保有中の投信は乗り換えないことにしました。

日本株については、個別株のパフォーマンスも投信(インデックス)よりも良いので、今後は投信への配分は縮小して行こうと思います。

 

 

買った株その後(2016.10)

月が変わりましたのでパフォーマンスを確認したいと思います。

ホームページの一覧を更新しました。

10月中に売買した銘柄は黄色網掛けの3銘柄となります。

前回記載しましたが、投資対象を一部上場に絞る事にしたので、今回は2部のカンダを売っています。

で、東証一部上場で買っていなかった業種から2社を買いました。

嬉しいことに今月は全体で損益が初めてプラスとなりました。

Topixも相変わらずプラスです。

あと2ヶ月で今年も終わりですが、この個別株投資は始めてからずっと(と言っても一年弱ですが...)インデックスに勝ち続けているので、来年は更にインデックス枠を減らし、個別株投資枠(と野望)を増やして行こうと思います。